レビュー

アイプチやメザイクはもう遅い!最新偽造二重の作り方

二重にあこがれる一重さん!

二重にはなりたいと思いつつも、アイプチやメザイクを使いたくないと思ったり、逆に毎日のアイプチやメザイクでまぶたに負担がかかっていたりしますよね。

そこでおすすめなのが最新偽造二重。

ズバリ、メイクで二重をつくるということ。

アイプチやメザイクに頼りたくない人はもちろん、人工二重からまぶたを休ませたい人にもおすすめです!

もはやアート!“描く”二重メイクのやり方

準備するもの

リキッドアイライナー
ペンシルアイライナー
アイシャドウ
綿棒

必要であれば、以下のアイテムも準備しておきましょう。

アイシャドウブラシ
アイブロウ(ペンシル・リキッド)

ステップ1
リキッドアイライナーで作りたい二重幅の場所に、薄くアイラインを描く。
通常アイメイク時は目を閉じますが、そうすると目を開けた際の二重の仕上がりが少し変わってきてしまいます。
そのため、二重ラインは目を開けた状態で定めるようにしましょう。

新品のリキッドアイライナーだと、ブラウン系のカラーでもけっこう色が濃く描けてしまいます。
濃淡の調節が苦手な人は、捨てる直前のかすれたアイライナーを使うのがおすすめ!

終わりかけのアイライナーを持っていない人やアイライナーがうまく扱えない人は、リキッドタイプのアイブロウペンシルを使用しましょう。まゆげ用は基本的に薄づきなのでやりやすいですよ。

ステップ2
描いた二重幅を埋めるように、薄いブラウンのアイシャドウをなじませていく。

メイクが苦手な人は、アイシャドウチップだとムラができやすいです。そのため、アイシャドウブラシでやわらかく乗せていくのがおすすめ。

ステップ3
ステップ1で描いたアイラインを、今度はペンシルアイライナーでなぞっていく。

アイライナーはペンシルタイプでも色が濃くつきがち。濃すぎる仕上がりにならないか不安な人は、アイブロウペンシルを代わりに使うといいでしょう。

ステップ4
描いたペンシルアイライナーのラインを、綿棒でグラデーションになるようぼかしていく。
きれいにぼかし終えたら完成☆

二重線がハッキリしないなと感じたら、リキッドアイライナーかリキッドアイブロウで、仕上げに線を目立たせてあげるといいでしょう。ただし、濃く描かないよう注意。

参考:ほっそりとした一重まぶたの目元矯正メイク

最新偽造二重におすすめのコスメ

毎日やるにしても、たまにやるにしても、メイクはコスパが命。

そこで、最新偽造二重メイクにおすすめなコスメを、プチプラ化粧品からご紹介します!

すべてドラッグストアや量販店で購入できるものをピックアップしています。
ほぼテスターができるはずなので、実際に自分の目で使い心地を確かめてから選ぶと確実です。

アイシャドウ

ちふれ「アイカラー」

偽造二重メイクには、薄いブラウンと濃いブラウンの2色があればOK。
偽造二重メイクは、あくまで陰影により二重を演出するメイクなので、しっかり色づくものより、陰影がうまく出せるかがポイント。
そのため、72番のブラウン×ゴールドのカラーがおすすめです。

セザンヌ「トーンアップアイシャドウ」

日常使いのアイシャドウとしても大人気!セザンヌのトーンアップアイシャドウ。偽造二重メイクにもピッタリなんです。
イチバン明るいカラーが涙袋に使えるので、これひとつでOK!迷ったら01のナチュラルブラウンを選べば、まず間違いありません。
エレガントな目元が演出したい人は02のローズブラウン、かわいらしい目元を演出したい人は04のピンクブラウンがおすすめです。

リキッドアイライナー

キャンメイク「クイックイージーアイライナー」

偽造二重メイクにおけるアイライナーは、二重線の下書きです。そのため、目印になりつつもハッキリとしすぎないものを選ぶのが重要。
キャンメイクのクイックイージーアイライナーはペン先がフェルトなので、筆タイプのリキッドアイライナーよりマイルドで自然な線が引けます。
No.2のチェリーブラウンがいいでしょう。

フローフシ「モテライナー リキッド」

リキッドアイライナーの代名詞になりつつある、フローフシのモテライナーリキッド。
透明感のあるリキッドで偽造二重メイクにピッタリです。カラーはズバリBr(ブラウン)一択。
細めの線も描きやすくおすすめです。
ただ、乾きやすく、乾いてくるとリキッドの出が鈍くなるため、すばやく描くようにしましょう。
筆先を乾かしてしまったら、ティッシュでオフすると復活しますよ。

ペンシルアイライナー

エクセル「カラーラスティングアイライナー」

こちらのエクセルのアイライナーは、ジェルタイプのペンシルアイライナー。普通のペンシルアイライナーに比べてやわらかく、密着度が高いです。
やわらかいためぼかしやすさもありますが、動かなくなるまでが早いのでスピードは大事。
CG03のアンバーカラーが扱いやすくおすすめです。

キャンメイク「ニュアンスライナー」

ぼかしが重要な偽造二重メイクには、昔ながらの鉛筆タイプのペンシルアイライナーもおすすめ。
キャンメイクのニュアンスライナーなら、02のダークブラウンがピッタリです。
やわらかい描き心地でまぶたにもやさしく、ぼかしやすくてGOOD!

アイブロウ

ヘビーローテーション「ティントリキッドアイブロウ」

ステップ1の二重ラインの下描きで、アイライナーの代用としておすすめ!
まゆげを描くためのリキッドアイブロウは、アイライナーに比べてナチュラルで薄づきなラインが引けます。アイライナーでは線が濃すぎると感じる人におすすめです。
ヘビーローテーションのこちらのアイブロウはティントタイプなので、水や汗にも強く、長持ちするのが嬉しい!
イエローベースの肌の人は01のナチュラルブラウン、ブルーベースの肌の人は03のブラウングレーがなじみやすいですよ。

エクセル「パウダー&ペンシル アイブロウEX」

ステップ3で二重ラインをなぞっていくときに、ペンシルアイライナー代わりに使うのがおすすめ!
エクセルのこちらのアイブロウは、ペンシルとパウダー&ぼかしチップが一体型になっています。
ペンシルで二重ラインを描き、パウダーとぼかしチップで仕上げをする。
アイブロウのため、アイライナーよりも自然な仕上がりになるのもポイントです。

ぱっちり二重になるにはどうしたら良い?

当サイトでは、ぱっちり二重になれる二重美容液をすべて購入し成分の分析やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からランキングを作成しています。

二重美容液選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

\自腹で二重美容液を徹底比較/